サガミ巧芸

神奈川の会社・店舗・事務所・工場などの看板デザイン、製作、施工の事なら何でもご相談ください。弊社はオリジナルのアイアンサイン、木調風特殊パネルやカルプ文字、LED薄型突き出しサイン等「あなたの街にひとつの看板」をご提供します。

看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

平塚もお店や会社がたくさんある中で、古い看板を新しくする事を考えて、看板製作会社に依頼するケースは多いです。平塚のお店やオフィスの依頼をつけて、たくさんの作品を作ってきた実績がある専門業者を見つけることもできます。夜もお店の目印として使いたいときに、照明を取り付けるなど、多くの方に見てもらえるように工夫をすることも大切なポイントです。今の看板は、LED照明が使われているものも多いため、色鮮やかでおしゃれな看板を作ることもでき、平塚でたくさんの会社やお店の名前が紹介されている中で、目にとまる魅力的な作品を作れます。夜遅くまで営業するお店もあるため、そのお店の電気代のことも考えると、古い看板から新しいものに交換することにより、電気代の節約にもつながります。電気料金の値上げが厳しいと感じるお店の経営者もいる中で、古いものを新しいものに変えていく際に省エネのものに交換する選択肢があります。会社名やお店の名前を表示させる時に、文字の見やすさや個性もとても大切なので、いろんな加工を行うことができる専門業者への依頼も大切です。金属製や木製の文字など、様々な加工を加えて文字を作っていくことができる専門業者もあります。技術力がある専門業者を見つけることによって、実現させたいこともスタッフに相談をすることによって、作ることができるチャンスがあります。専門業者に依頼する際に、今まで作ってきたものをみることができる機会を作れるようにする事も大事なポイントです。平塚でもたくさんの依頼を受けて作ってきた実績がある専門業者なら、写真でその作品を見ていくこともできます。ホームページで写真付きで事例を掲載するなど、知りたい情報を丁寧に発信する専門業者を見つけられるように情報収集を行っていくことも必要です。比較を行った結果、スタッフの技術力も高いことがわかり、安心感を持って依頼できるようになる方もたくさんいます。
『関連情報:看板 平塚